ミソフォニアへの対策

ミソフォニアへの対策は主に苦手な音を回避することです。
苦手な音を回避する方法として以下の方法が考えられます。また、対策によっては診断書が必要になる場合があります。ミソフォニアで診断書が出ないとしても、ミソフォニアの症状が強迫性障害など別の障害としてみなされることで診断書を貰っている人はたくさんいます。

1.音を遮断する

音を遮ることで音を回避します。


ミソフォニアで苦労している人の多くは、音を遮るために耳栓やイヤーマフ、イヤホン、ヘッドホンなどを使用しています。耳栓やイヤーマフをすれば周りの音が籠り、かなり小さくなります。イヤホンやヘッドホンをすれば音量次第で基本的に遮断することができます。また、使用するイヤホンは遮音性が高いカナル型のもので、なおかつノイズキャンセリング機能が搭載されたものが良いと思います。ヘッドホンでもノイズキャンセリング機能が搭載されたものは販売されています。

以下はその例です。


・日常的に耳栓などをつけて過ごす
・可能なら試験では耳栓などの使用許可を得ておく

2.音が発せられる場所を避ける

苦手な音が発せられる場所を避けることで音を回避します。

以下はその例です。


・家族と一緒に食事をしない
・学校を休む
・可能なら別室で試験を受ける
・通信制の高校に進学・転校する
・人との関わりが少ない職業に就く
・休職する

3.音を出さないように要求する

苦手な音を出さないように要求することで音を回避します。

Copyright(c) 2020 Japan Misophonia Association. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com